動画制作の種類

動画制作の種類

動画制作と一言で言っても様々な種類、スタイルがあります。
そのスタイルは用途によって変わってきます。
動画のスタイルは大きく分けて5つあります。
実写映像、アニメーション、CG、イラスト、画像となります。
動画制作の用途としては会社や施設の紹介、商品紹介、イベント案内、アプリ、ゲームの紹介などなど様々です。
用途が様々あるように動画のスタイルも変わってくるわけです。
例えば就職活動中の学生に向けた会社紹介の場合、活字や静止画の紙面で説明されるより会社紹介の実写の映像を見せてもらったほうが印象にも強く残るし自分の中に入っていきやすいでしょう。
アプリやゲームの紹介においても活字で説明されるよりもアニメーションで見たほうが実際にやってみたいという意欲が沸くものです。
このように動画はみなに親しまれるし印象に残りやすいものです。
その動画を制作するにおいて用途によって動画のスタイルを変えることはもっとも大切なのではないでしょうか。

動画制作会社が必要なわけ

今や世の中には様々な形の広告があります。
街中の至るところに広告が溢れています。
しかしそんな数ある広告の中で印象に残りやすいものとは一体何でしょうか。
一般的に広告といえばポスターに字や写真、絵などが入った静止画のものです。
街中で昔からよく目にします。
インパクトの強いものであれば相当目に焼き尽くし印象の強いものとなります。
しかし動画に比べるとどうでしょう。
静止画のポスターと動画の広告が並んでいたら思わず見入ってしまうのは動画です。
動画は活字、静止画の広告に比べて宣伝効果は5000倍とも言われているそうです。
テレビ、インターネットが生活に根付いているこの時代なので静止画より動画への関心の方が強い理由なのではないでしょうか。
これに伴い、動画制作の需要もあるわけです。
動画制作を依頼する
動画を作成するには自分でソフトなどを使って作ることも出来ますが、よりクオリティの高いものを作ろうとすると限界があります。
やはり動画制作のプロに頼み、みなの印象に残る動画を提案してもらうべきではないでしょうか。