ホテルなどで必須となった耐震診断

ホテルなどで必須となった耐震診断

日本は比較的地震が多く発生する事から、耐震診断を行った上で耐震性が高い住居を選択するなど、地震に備え対策をする事は私達にとっても身近な事であると言えます。
私達が利用するホテルや旅館なども同様で、耐震は必須であると言えます。
近年耐震改修促進法が改正され、不特定多数の人が利用する大型の建物などは耐震診断を実施する事とその結果を報告する事が義務付けられました。
具体的には旧耐震基準で1981年5月31日以前に建てられた建物や、3階建以上もしくは5,000平方メートル以上の床面積があるホテルや旅館などが対応となります。
これにより耐震診断を行う必要があるホテルなどは診断を行ってくれる専門の会社などへ依頼する必要があります。

耐震診断を行っている会社などはインターネットサイトなどで探す事が出来ます。
多くの人が利用するホテルや旅館ではより確実な耐震が求められるため、診断を依頼する会社などは良く選定するようにしましょう。