長時間低温熟成のハンナンの製品

長時間低温熟成のハンナンの製品

ハンナンは、本社が大阪で、東京に支社があります。
設立は1967年というから、かなり歴史がある会社のようです。
来年、設立50年ですね。
営業所は全国に40か所、海外にも6か所あるそうです。
意外に、と言っては失礼ですが、とても大規模な会社なんですね。
ハムは十勝で作られたブランドで、私が頂いたロースハムとウインナーソーセージの他にも、ボンレスハム、ボロニアソーセージ、生ハム、ベーコンなど様々。
なかには「十勝骨付きハム」という、昔マンガで見たような大きな骨付きのハムも。
何とウデの部分は3.5キロ以上、モモの部分は8キロ以上もあるんだそうです。
こんなのがパーティーにドーンと置いてあったら、それだけで気分が盛り上がること、間違いないですね。
また、製品紹介で度々使われていた言葉が「長時間低温熟成」。
じっくりと時間をかけてハムやソーセージのうまみを引き出しているんですね。
消費者においしいハムやソーセージを食べてもらいたいというハンナンのメッセージが伝わってきます。