関東学院高等学校に根付いたキリスト教の教え

関東学院高等学校に根付いたキリスト教の教え

関東学院高等学校は、キリスト教の精神に則った学校です。
学校の生活の基本は礼拝です。
キリスト教にはたくさんの宗派がありますが、関東学院高等学校はアメリカ・バプテスト教会という宗派に属しています。
この宗派では、聖書が非常に重んじられており、礼拝でも必ず、出席者全員が聖書を手に取り、読む時間が与えられています。
他に礼拝で行われることというと、賛美歌を歌うこと、そして司祭の説教を聞くことです。
アメリカ・バプテスト教会は万人司祭が基本なので、誰でも志のある人は説教をすることが可能です。
この礼拝こそが、関東学院高等学校の精神を表すもののようです。
そして、週に1時間、聖書の授業が存在します。
これは聖書を教材として読み、学ぶという事です。
これも、アメリカ・バプテスト教会の聖書主義の実践と言えるでしょう。
このように聖書を中心とした生活を行う事で、関東学院高等学校では生徒一人一人にキリスト教の教えがしっかりと根付いているようです。