知らないと損、創業融資について

知らないと損、創業融資について

みなさんは創業融資というものをご存知でしょうか。
この記事を読んでいらっしゃる方の中には、いつか自分の会社を創業させたい、お店を開業したい、独立をしたい、という夢を持っている方がいらっしゃるのではないでしょうか。
例えば自分のお店を構えて店長になったり、起業して社長になったり、いま修行しているお店から一本立ちをしたり。
どれも決して簡単なことではありませんが、夢を思い描いたからには叶えたいものですよね。
しかし、夢見ることから離れて現実に目を向けると、開業や独立するにあたり一番の悩みの種になるのは、その資金をどうやって調達するか、ということではないでしょうか。
これだけはどうしても夢見る気持ちや熱意、ましては根性などではどうにもならない問題です。
資金を援助してくれるスポンサーなんて、早々簡単には見つかりませんし、自分でコツコツ貯金して資金を貯めていたら、夢の実現が一体何年先になるかわからない、と嘆いている方もいるかと思います。
そんな方ぜひ知っていただきたいのが創業融資なのです。

創業融資の種類

では、創業融資とはいったいどのようなものがあるのかご紹介したいと思います。
そもそもですが、起業資金のためには、銀行など民間の金融機関から融資を受けるという方法があります。
ただし、起業や開業、創業などが全くもって初めてであった場合や、その銀行との取引が初めての場合などには、民間の金融機関から起業資金の全額を通常融資してもらうことは難しくなることがほとんどです。
通常融資とは、信用保証などがなく、銀行など、直接その金融機関100%の責任で融資を実行することをいいます。
逆の立場だったとしても、まったくのど新規の人にいきなり全額を融資しようだなんて思いませんよね。
スタートアップ時には、信用力を低く評価されてしまうことはしかたのないことです。
ですので、起業資金のうち、自己資金でも通常融資でもまかなえない部分については、創業融資を活用するという手段があるのです。
そのための公的融資としては、大きく分けて2種類のものがあります。
一つは、「新創業融資制度」、もう一つは、各都道府県や市区町村などによる「制度融資(創業融資)」です。

あなたの夢を叶える創業融資

創業融資にはどのような種類があるのかご理解いただけたかと思います。
そして、その創業融資を利用すると、多数のメリットがあげられるのです。
それについてご紹介したいと思います。
まず第一に、融資が実行されるまでのスピードが早いということがあげられます。
実際、創業融資制度を活用すると、通常の融資とは違って1ヶ月程度で融資を受けることができます。
ビジネスには何事もスピーディーな展開が重要ですので、これは大きなメリットだといえます。
創業融資を検討する
また、銀行など通常の金融機関では、貸し倒れなどのリスクを恐れて入念な検討が必要になるため、特に起業資金に対しての融資は消極的になる傾向がありますが、この融資は、新しい産業をつくりだし育てることに注力しているので、起業家への融資が積極的であるということもあげられます。
種類にもよりますが、最大3,000万円が無担保無保証および連帯保証人署名不要で融資してもらえる可能性があるのです。
あなたも叶えたい夢があるのなら、ぜひ創業融資制度を活用してみてはいかがでしょうか。