営業代行が注目を浴びる理由

営業代行が注目を浴びる理由

…現在の営業方法では顧客が増えない、若い社員が営業が得意ではない、自社の商品の売り出し方がうまくいかない、
営業マンを育てる時間も金もない、商談がうまくいかない…このような悩みを抱える会社は多い事と思います。

しかし今、このような会社のために営業代行が注目を浴び、必要とされてきています。

「…会社が営業代行を利用する要因はスピード、例えば会社のサイトを立ち上げようにも、インターネットの扱い方に慣れている人がいない、
そうなるとどうしても他社から遅れてしまい、厳しい生存競争に勝てない。

会社のコスト削減も大きな理由だが、時代がこれだけ激しく動くと、もう会社の信じてきた概念が通用しなくなるし、それまでの営業方法も通用しなくなる。

そこで自社以外の人間が入って、顧客獲得の助っ人になってもらう。

そして時にはその会社の戦略そのものをアドバイスもする…」東京都内に本拠を置き、全国に20箇所以上のグループを展開する営業代行業G社のUさんは、こう語っています。