長時間焦げないフライパンってあるの?

長時間焦げないフライパンってあるの?

みなさんは普段料理をするときに、どのようなフライパンを使用していますか?色々な種類のフライパンを使用している方がいらっしゃると思いますが、フライパンが焦げてしまうという現象に陥ってしまった経験をお持ちの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?私もこの経験をしたことがあります。
焦げがついてしまっていると、ホットケーキを作るときにも、野菜炒めを作るときにも、焦げが中に入ってしまいます。
タワシで頑張って洗おうとしても、なかなか取ることができないですよね。
そして、ある一定期間が経つと、買い替えるという気持ちになってくると思います。
しかし、短期間で焦げてしまうものばかりを使っていると、何度も買い替える必要が出てきてしまいます。
そうすると、無駄にコストがかさんでしまっているような気がしませんか?できれば、長い間焦げずに使えるものが欲しいと思いますよね。
最近では長時間焦げないフライパンというものがあるそうです。

フライパンの底の厚さと蓄熱力の関係

毎日の料理の必須道具であるフライパンですが、みなさんは何を基準に選んでいるのでしょうか?確かに、ある一定の期間が経つと買い替える必要があるものですが、毎日使うものなので、クオリティにも注目したいところです。
それでは、どのようなフライパンをクオリティが高いと呼べるのでしょうか?これを考えるにはプロの料理人がどのようなものを使用しているのかを考えればよいと思います。
プロの料理人によると、蓄熱力が高いものが良いものだと言えるようです。
なぜ、蓄熱力が大切なのでしょうか?少し調べてみたところ、蓄熱力を備えているものは、備えていないものに比べて、長時間調理することを可能にするそうです。
フライパンの調子が悪いと気づいたら
もし、備えていないもので調理すると、表面だけがすぐに焦げてしまい、中までじっくりと火を通すことができません。
一方で、蓄熱力があるフライパンを使用すると、ゆっくりと調理することができるので、調味料の味がしっかりと食材に染み込ませ、中まで味を付けることができるのです。