食肉業界を支えるハンナンの務め

食肉業界を支えるハンナンの務め

人体にとって貴重なタンパク源となる食肉。
ハンナンでは肉をより美味しく、安全に食べてほしいという願いから毎日食べても飽きない、加工食品を多く開発しています。
特に多忙とされる現代において家族や自分の食事を準備するのにも大きな労力を要します。
下ごしらえから調理に至るプロセスを少しでも減らそうと、ハンナンの加工食品はある程度の調理が施してあります。
これによってすぐに調理に利用できるメリットがあり、従来の食事をよりおいしく、楽しい物にできるよう日々努めています。
食肉にかかわらず食品の取り扱いにおいて最も重要視されるのが衛生環境です。
自社工場において衛生面を徹底しており、熟練スタッフの指導の下、設備の徹底した衛生が保たれています。
食肉加工におけるハンナン社員の意識向上のため、定期的な研修が実施されており、食肉加工の研究や最新技術などにおいて技術研鑽も欠かしません。
こうした姿勢によってハンナンは食肉業界を支えてきたのです。

食卓を彩る加工肉食品の提供を続けるハンナン

毎日同じ食材ではせっかくの食卓も味気ないものとなってしまいます。
食事に含まれる栄養も大事ですが、それと同じほどに大切なのが食事を楽しむことです。
毎日の献立を考える手間を少しでも浮かせるためにハンナンでは厳選した調味料や精肉でハムやソーセージなど、バラエティ溢れる加工食品を生産しており、どの商品も焼く、煮るなど一手間加えるだけで本場の味が楽しめるように工夫されています。

鮮やかなハーブの彩り、味にアクセントを加えるスパイス、そして旨味が凝縮された食肉と3拍子揃った手頃な贅沢を提供すべく、日々研究・改良を重ねています。
食肉の下ごしらえから調理までの加工、包装から出荷まですべてハンナン自社管理の下で行っているので、スムーズで確実な衛生管理が可能となっており、これこそが安心した各家庭に提供できる基盤と言えるでしょう。
ハンナンの加工食品はアイデア次第で色々な料理に活用できるため、献立に迷った時の助っ人としても活躍しています。