注文住宅のウィズワンは、こだわりを多く持っている

注文住宅のウィズワンは、こだわりを多く持っている

将来、自分の家を持つという夢を持っている家族は多いと思います。
一軒家にするか、マンションにするか、考えるべき事もたくさんあります。
注文住宅のウィズワンでは、丈夫で住みやすい家を建てるという目標があるそうです。
デザインにしても、使用する素材にしても、こだわりを多く持っています。
4つの考え方があります。
テクノロジー、ロハス、デザイン、パフォーマンスです。
まずテクノロジーについてです。
木造や鉄骨造など4種類となっています。
自分たちが長く住み続ける家になるで、それぞれのメリット・デメリットのことも考えながら、工法を決めます。
次にロハスについてです。
家は強度が大事と言っても過言ではないでしょう。
特に日本は、大きな地震が多い国ですから、強度が強い家を建てるべきなのです。
ウィズワンでは、長く使えて丈夫な素材を選ぶので、その点は安心出来ると思います。
洗練されたシンプルさで、住み心地の良さを体感出来るようなデザインだそうです。
パフォーマンスは、プロとしてコストパフォーマンスを良くしようと、材料から職人に至るまでの力を発揮出来るのがウィズワンの良さです。

自然由来の素材を使っているウィズワン

近年、住宅に使用される素材には問題が生じています。
当時は大丈夫だと言われて使われていた素材でも、長年そこに住み続けていると、身体に害を及ぼすことがあるのです。
素材も時代とともに変わらなければなりません。
ウィズワンでは、そういう化学物質などの影響が出ないように、自然由来の素材を多く使っています。
床、壁、扉、手すり、家具に至るまで、自然のものを使用することで、暖かみが感じられるような家になります。
フランス等ヨーロッパの会社と手を組み、オーク材を使用したフローリングが実現出来ます。
シンプルで清潔な見た目が、居心地の良さを感じさせます。
壁はウッドテイストを目指しています。
自然の木の木目が綺麗な空間を彩ります。
扉・手すりは、もっとこだわりを持って欲しいという願いも込めて、設計から全てを手作業で作られた製品を提供しているそうです。
家具も、室内の雰囲気に合わせて、木の大きなテーブルなどがあります。
なかなか治らない便秘にはウィズワンで
ウィズワンでは、素材までもこだわりを見せているのです。