建築に関わる仕事に転職!施工管理とは?

建築に関わる仕事に転職!施工管理とは?

あなたは、「施工管理」という単語をご存知ですか?建築や土木工事など様々な場面で活躍する仕事で、何かの工事の際にはとても重要になってくるものです。
設計などの準備から、工事を終えるまでの一連の流れを管理する仕事でもあります。
建築関係で転職を考えている方もいらっしゃるかと思いますが、いろいろな人々が関わる建築業において、重要な仕事としての施工管理に興味のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?この仕事をするためにはもちろん様々な知識、資格が必要になってきます。
種類によっても必要な要素は異なってきますが、経験も重要な要素になってくるという場合も多く、40代から50代の方でも新しく資格を獲得するという方は少なくありません。
建築において、仕事の流れを把握し、指導や監督をする施工管理技士の存在は、質の高さにつながりますし、複雑な工事や大きな工事の際は特に重要視されます。
建築関係の転職を考える場合は、自分がどういった役割を持ちたいかを考える必要がありそうですね。

転職の際にも知っておきたい施工管理士の種類いろいろ

工事などの際に重要になってくる、施工管理というお仕事。
その仕事の役割は、いろいろな場面で活躍します。
主に建築関係の仕事として認識されている方が多いかと思いますが、施工管理技士に転職しようとする場合は、「どの」種類のものに転職するかということも重要になってくるのです。
すべての技士には1級、2級といった資格がありますが、もちろん、技士の種類によって受験資格なども異なってくる場合が多いです。
たとえば、建築関係の実務経験だけではなく、土木関係の仕事の経験や電気工事施工の経験があれば、それぞれ前者は土木施工、後者は電気工事施工管理の資格獲得に生かすことができます。
この二種類のほかに、あと四種類があり、自分が今までに行ってきた実務経験などをうまく生かすことによって、複数の資格を取得する、なんてことも可能なのです。
施工管理職に転職したい
転職をしたい際には、土木工事や電気工事など、種類による施工管理の違いも視野に入れて考えるようにしましょう。