テレビアンテナ工事の際に気を付ける事

テレビアンテナ工事の際に気を付ける事

あまり大きなアンテナを家の屋根に付けてしまうと災害が起きた際に火災の原因になったりする事があると言われています。
その為、テレビアンテナ工事をする際にはいくつかの注意点があります。
まずはアンテナの設置場所を事前に確保して置く事が大事です。
あまり上の方に設置してしまうと何か不具合が起きた際に簡単に修理出来ない事もあります。
それから次に隣の家との接触が無いかを確かめる事です。
前の記事でも紹介関東の家と言うのは間隔が狭い事が多いので大きなアンテナを取り付けようとしている場合に日光を遮ってしまったりして日当たりの悪くさせてしまう場合もあります。
その為に、テレビを購入する前には必ず家の周りの環境を調べて置く事が大切だと思います。
たかがテレビでそんな面倒な事をしなくてはいけないのかと思う人もいると思いますが、過去には隣人トラブルになり悲惨な事件になってしまったケースも報告されているからです。
テレビアンテナ工事と言うのは、自分の家の事だけではなく周りの環境や家との景観を壊さないようにして行う事が重要になってくると思います。

テレビアンテナ工事の時に電気を止める事もあります

念願の薄型テレビが家に来た時には結構早くにテレビアンテナ工事の業者が来たような気がします。
その理由についてですが、近くに大きな鉄塔があり電気を通電したままで行うと大惨事になってしまう恐れもあるので周辺の電気を一時的に停電にする為だったと思います。
前の記事でも紹介したように、テレビアンテナ工事の時間と言うのは数時間で行う事が出来ます。
その為、あまり長い時間には感じませんでした。
よく鉄塔の近くに家があったりすると、火災や漏電を防ぐ為に停電にしてから作業を行う事が多いと言います。
それは周辺の家を守るだけではなく、作業員の命も守る事にもなるのでとても重要な事だと思います。
その為、事前に作業に入る前に業者側が近所にお知らせに回って了解を取るようになっています。

全ての人に知らせる事により取り付けが終了した後にも安全に電気を使う事が出来て、テレビアンテナ工事も大きなトラブルが起こる事なくスムーズに進むのだと言います。