一時はテレビアンテナ工事は予約制になっていました

一時はテレビアンテナ工事は予約制になっていました

21世紀になってとても大きな発明と言えば薄型テレビの普及にあると思います。
その為、薄型テレビが発売された当初はテレビアンテナ工事が殺到して業者側の取り付け作業が忙しく予約制を取っていたと言います。
作業があまりにも多く作業員も仕事が増えて倒れる人が多かったと言います。
それに、一日に多く依頼された時には一瞬のミスにより事故が起きてしまいました。
幸い、足を踏み外して足を怪我してしまう程度でしたが一歩間違えば大きな事故になっていたかもしれません。
そんな作業員の安全面も確保する為に、一日の依頼件数を決めて電話で依頼が来た際に都合の良い日に予約を取って貰っていました。
その為、近い日で予約が取れる人もいれば少し待たなくてはいけない人もいました。
ですが、ただでさえテレビの売れ行きが凄かった事もあり、クレームを言う人が少なくみんなきちんとテレビアンテナ工事の順番を守っていたと言います。
今では当時よりも薄型テレビを購入する人と言うのは落ち着いてきました。