自然と歴史豊かな川越の風景に溶け込む新築住宅の数々

自然と歴史豊かな川越の風景に溶け込む新築住宅の数々

江戸時代は城下町として栄え、昔ながらの風情ある街並みが今も残され「小江戸」とも呼ばれている川越市。
その景観に溶け込むように、自然なデザインの屋根や外壁の新築住宅が、市の中心部やその周辺には多く見られます。
茶色やグレーを基調とした家々はいかにも新築住宅という雰囲気に溢れ、内装は木材の香り豊かなフロアの向こうに大きな開口窓、その外に広がる街並みの風景が目に飛び込んで来るでしょう。
隣の家とは適度な間隔が取られており、心地良い風が家並みの中を通り抜けて行きます。
主要鉄道駅からも徒歩10分内外であるだけでなく、駅から近いエリアには大型商業施設やショッピングモールもあり、車を使わずに歩いて行ける位置にあるため、通勤や通学、家族揃っての買い物や食事に大変便利でしょう。
また、足腰を鍛えるために歩いて普段からの運動不足解消も出来ます。
これだけ爽やかで和やかな家並みならば、お隣同士の交流も深まるでしょう。
新しい景観と古き良き景観がマッチした川越市の新築住宅に住みたいという人々が、今後も増える事は間違いなさそうです。