京都の賃貸事務所で弁護士をしています

京都の賃貸事務所で弁護士をしています

弁護士になって5年。
初めは、いわゆる雇われの弁護士で、給料は一定で、わりと安定した収入がありました。
が、自分の事務所をいつか持ってみたいという夢がありました。
私が務めていた弁護士事務所は、京都の昔からある自社ビルで、社長は7代目で代々受け継いでいるようでした。
築何年かは知りませんが、結構古くて痛んでいるビルでしたね。
何度かリフォームはしたようですが。
そういう由緒正しく古めかしい事務所もいいかもしれませんが、自分としてはもっと斬新で、新しく、誰でも相談に立ち寄れるオープンな事務所が理想でした。
それで、日々、賃貸事務所をネットで探していました。
様々な貸しオフィスはあるのですが、いつ独立するかタイミングを見計らっていました。
すると、駅近くで自分の理想とする貸事務所が見つかり、思い立って独立しました。
賃貸事務所のいいところは、こんな風にしたいときに事務所がすぐ構えられることですね。
京都は古都で古めかしいイメージがあるかもしれませんが、それは観光名所であって、オフィスやマンションはそうでもないですよ。
新しくきれいな、今時の人に合う建物が多いんですよ。