レーザでの穴あけ技術について

レーザでの穴あけ技術について

レーザでの穴あけ技術は日々精密化、微細化へと進化していっています。
まず、レーザでの穴あけ技術についての特長といえば、精密さは勿論ですが微細な穴まで誤差が少なく正確に開けられることでしょうか。
また、硬質な素材やシリコン等の柔らかい素材にも素材自体を破壊、変形を防ぎながら加工ができることです。
接触することで素材を変質してしまうことを防げるのが、利点の一つとして挙げられます。
人の手の熱、機械での固定による摩擦から生じる素材への負荷がかからないのも大きな特徴です。
また機械へ穴あけサイズの情報を入力を行えば差異の少ない穴を連続して短時間であけられるのが魅力ではないでしょうか。
素材はチタン合金やめっき鋼などの固いものから、シリコン素材、セラミック、ダイヤモンドまで加工ができるため医療や自動車、半導体や宝飾加工と、多岐にわたったジャンルでの技術提供をしており、幅広くレーザ穴あけ技術は応用されているのです。

レーザでの穴あけの利点

レーザ穴あけの技術は、多岐にわたるジャンルのニーズに応えていますが、利点をいくつか挙げていきたいと思います。
レーザ穴あけ技術の利点といえば、人の手や器具を使った穴あけ作業では開けることの難しい微細な径の穴あけを短スパンで行えることです。
また、触れることにより変質してしまう恐れるのある素材にも最低限の負荷のみでの加工処理が可能になっていることです。
またその素材もあまり種類を選ばず、硬度の高く加工しにくいものから柔らかく変形しやすいものでも加工を可能としています。
レーザ、というと熱が高すぎて溶けてしまうのでないか、と心配する方もいらっしゃると思いますが素材により熱加工と非熱加工で処理を可能とする技術があります。
レーザ機器で穴あけ
なので、金属系の素材には熱加工、シリコンや樹脂などの素材には非熱加工でのレーザ処理で穴かけ加工をしていけるのです。
非熱加工でも照射時間が少なければ素材に負担をかけず綺麗な穴をあけられるのです。