レーザ穴あけ加工の特長

レーザ穴あけ加工の特長

レーザ穴あけ技術の特長、と言えば微細な穴開けの技術、そして穴あけ素材の硬軟をあまり問わないことでしょうか。
微細な穴あけ、といってもあまりピンと来ないかもしれませんが、小さな部品の加工は勿論ですが最近ではマッチ棒の棒にレーザ加工で刻印をする、ということも可能にしているレーザ機器があるのです。
これは幅の狭い場所に焦点を絞りきっちりと文字をかけるということと、非熱加工という素材に熱を極力与えない加工方法の優秀さが見えています。
普通の熱加工ですと木材であるマッチ棒はすぐに燃えてしまいますし、微細なレーザ照射でないと文字を刻むことはできません。
この穴あけ技術は私たち日常に暮らしていて目につくことが少ないかもしれませんが、自動車部品から、半導体、医療器具から、宝飾の加工と幅広い業界からのニーズに応えられる素晴らしい技術なのです。
もしかしたら日常、何気なく使っている品物でもその中の部品や身に着けているアクセサリーにもこの技術が使われているかもしれませんね。